Categories
香料

香料 【誤魔化し】

香料は香りをつける添加物の総称で、バニリンや酢酸エチルなど合成香料が約160品目,バニラ香料カニ香料など天然香料が約600品目あります。合成香料には、合成香料と調整香料があります👧

 

 

その中には危険性のあるものもあります。

 

ただ添加量が少ないので問題になることは、あまりありません。

 

メーカーは何種類かの匂い物質を調合して、香りを作っているケースが殆どです。

 

 

食品には元々の自然な食材の匂いがあるのですから、よほどの強烈な悪臭でない限り、上書きするように人工的な香りをつけたり、強烈な香りで誤魔化すために、極々微量だとしてもからだに害を及ぼすものを、安易に含めるのは如何なものでしょうか。

 

最近では香害という言葉もでてきています。

 

香料が無い分、同社のチョコレート効果よりも上↑
香料不使用が売りの明治ザ・チョコレート

 

判定 😐

 

 

 

参考まで香料として使われる添加物 ※他にもまだあります。

アセトアルデヒド
アセトフェノン
(3-アミノ-3-カルボキシプロピル)ジメチルスルホニウム塩化物 アセト酢酸エチル
アニスアルデヒド
アミルアルコール
α―アミルシンナムアルデヒド
イオノン
イソオイゲノール
イソ吉草酸イソアミル
イソキノリン
イソチオシアン酸アリル
イソブタノール
イソペンチルアミン
γ―ウンデカラクトン
2-エチル-3,5-ジメチルピラジン及び2-エチル-3,6-ジメチルピラジンの混合物 アントラニル酸メチル
イソアミルアルコール
イソブチルアルデヒド
イソ吉草酸エチル
イソチオシアネート類
イソバレルアルデヒド
イソプロパノール
インドール及びその誘導体
エステル類
エチルバニリン
2-エチルピラジン
2-エチル-3-メチルピラジン
2-エチル-6-メチルピラジン
エーテル類
オクタナール
ギ酸イソアミル
ギ酸シトロネリル
ケイ皮酸エチル
ケトン類
酢酸イソアミル
酢酸ゲラニル
酢酸シトロネリル
酢酸テルピニル
酢酸ブチル
酢酸l―メンチル
サリチル酸メチル
シクロヘキシルプロピオン酸アリル
シトロネラール
1,8―シネオール
脂肪族高級アルコール類
脂肪族高級炭化水素類
2,5-ジメチルピラジン
2,6-ジメチルピリジン
シンナムアルデヒド
チオール類
デカノール
5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリン
テルピネオール
トリメチルアミン
γ―ノナラクトン
パラメチルアセトフェノン
ヒドロキシシトロネラール
ピペリジン
ピラジン
ピロール 3-エチルピリジン
2-エチル-5-メチルピラジン
5-エチル-2-メチルピリジン
オイゲノール
オクタン酸エチル
ギ酸ゲラニル
ケイ皮酸
ケイ皮酸メチル
ゲラニオール
酢酸エチル
酢酸シクロヘキシル
酢酸シンナミル
酢酸フェネチル
酢酸ベンジル
酢酸リナリル
2,3-ジエチル-5-メチルピラジン
シトラール
シトロネロール
脂肪酸類
脂肪族高級アルデヒド類
2,3-ジメチルピラジン
2,6-ジメチルピラジン
シンナミルアルコール
チオエーテル類
デカナール
デカン酸エチル
2,3,5,6-テトラメチルピラジン
テルペン系炭化水素類
2,3,5-トリメチルピラジン
バニリン
バレルアルデヒド
ヒドロキシシトロネラールジメチルアセタール
ピペロナール
ピロリジン
フェニル酢酸イソアミル
フェニル酢酸イソブチル
2-(3-フェニルプロピル)ピリジン
フェノールエーテル類
ブタノール
ブチルアルデヒド
プロパノール
プロピオン酸
プロピオン酸エチル
ヘキサン酸
ヘキサン酸エチル
l-ペリルアルデヒド
ベンジルアルコール
trans-2-ペンテナール
芳香族アルコール類
d-ボルネオール
N-メチルアントラニル酸メチル
6-メチルキノリン
メチルβ―ナフチルケトン
2-メチルブタノール
trans-2-メチル-2-ブテナール
2-メチルブチルアルデヒド
dl-メントール
酪酸
酪酸エチル
酪酸ブチル
リナロオール フェニル酢酸エチル
フェネチルアミン
フェノール類
ブチルアミン
フルフラール及びその誘導体
プロピオンアルデヒド
プロピオン酸イソアミルプ
プロピオン酸ベンジル
ヘキサン酸アリル
ヘプタン酸エチル
ベンズアルデヒド
2-ペンタノール
1-ペンテン-3-オール
芳香族アルデヒド類
マルトール
5-メチルキノキサリン
5-メチル-6,7-ジヒドロ-5H-シクロペンタピラジン
2-メチルピラジン
3-メチル-2-ブタノール
3-メチル-2-ブテナール
3-メチル-2-ブテノール
l-メントール
酪酸イソアミル
酪酸シクロヘキシル
ラクトン類